セルフケア オンライン5月いっぱいまで!

いつもありがとうございます。

 

※ヒカリサロンは、レオン院・ケレタロ院ともに、2020年5月末まで一時閉鎖中です。※

この度、メキシコ政府による5月末日で自粛終了という発表を受けまして、ヒカリサロンでも誠意再開の準備をすすめています。

みなさまに直接お力添えできるのを、スタッフ一同楽しみにしてます!

 

5月いっぱいまでセルフケア オンラインをご提供中です。

LINEのグループ通話を使用。

ご自宅でできるマッサージ、ストレッチ、筋トレなどの場として、ちょっと不安な腰や肩などの痛みの予防に、お気軽にご活用ください!

 

1ヶ月目には、多い方は週に3回こなして頂き、基礎的なインナーマッスルが活性化してきました。

 

2ヶ月目に入りましたので、応用も交えています。

 

今週のテーマは、「仙骨」。

仙骨は人体の要部分にある骨です。

一般に「骨盤」と呼ばれる部分の真ん中に位置し、背骨の根っこを支えています。

人体の支柱の基盤であるだけでなく、仙骨は以下の点で重要です。

 

①骨盤内臓の支配神経が出る
③脊椎を支える多くの筋肉の起点

 

①について

骨盤内臓とは、下腹部の内臓です。

膀胱(ぼうこう)・尿道・直腸・生殖器がそれにあたります。

 

→仙骨が冷え、血流が悪化すると、そういった内臓の働きが悪化します。

神経の中では、体の表面からとてもアプローチしやすい位置関係にあります。

鍼やお灸を強く感じる時も多いですが、より直接的な効果を感じて頂けます。

 

②について

猫背や座りっぱなしで、内臓の不調まで感じる方。

ここしばらく深呼吸を忘れていた方。

仙骨につながる筋肉が、緊張しっぱなしではありませんか?

たくさんの筋肉が、仙骨から背骨や肋骨にわたって伸びています。

 

ゆるめて変化を感じてみてくださいね。

 

○仙骨周りを活性化させる方法3つご紹介!○

 

1、全身汗をかく

→バヒオの世代のみなさまには、問題なければジョギングが最適です。

→1度で効果長持ち、習慣化すれば血流・筋力アップです!

 

2、仙骨周りのストレッチ

→ただいまオンラインでセルフケアをご案内しています。お気軽にご相談ください。

→1度で効果長持ち、習慣化すれば体質改善です!

 

3、仙骨を温める

→湿熱(湿度を伴った熱)がおすすめ。

→シャワーを使えば毎日簡単です!

 

上記の問題にお心あたりのある方は、お試しください。

ジョギングやストレッチができない体の不調がある場合、ヒカリサロンや医師に適宜ご相談ください。

 

お待ちしております!

ヒカリサロン レオン院 477-549-5607
LINEのお友達登録されていない方はこちらで→ line.me/ti/p/zQ7xHhHE63